写真館

  • 飛騨高山手筒花火 総勢35名でいっせいに
    私が気ままに撮った写真です。 カテゴリーも、更新も気ままですが、 見てくださいね。

最近のトラックバック

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

週末は

22日、23日はお天気が悪くて、寒いし、雨は降るしで、

いまいちの週末でした。

22日は小学校のリサイクル活動で手伝いにでました。

朝からあやしい天気でなんとかもって欲しいと願ったのに、

雨が降ってきて、カッパ持参で出かけました。

私は学校に集まるダンボールの係りでした。

始まったとたん、雨がかなり降ってきて、心配したけれど、

すぐにやんでくれたので、無事に終わりました(^_^)

秋は中学のリサイクルが終わってからなので、

廃品の量も少なくて、春より1時間近く早く終わりました。

家のこともあんなにせっせとやれば、

きっといい主婦なんだろうなあ・・・

23日はグランドフェスタ(校下の運動会です。)がありました。

成人リレーに借り出された私は子供を連れて参加しました。

この日は朝から雨の予報なのに、青空が見えて、

「もしかして、いい天気?」

と期待したのに、結局寒いし雨が降ってくるし、

残念な天気。

普段ちっとも走っていないので、かな~りの不安を胸に

出ました。(一応、柔軟体操とか地道にはやってみたけど)

「女の人は半周だから」と言われていたから、

5人目にバトンをもらって半周懸命に走って次の人に!

と思ったら、誰も待っていない。

「あ、そのまま一周走ってー」

とどこからが声が聞こえて、「うそやろー!」と思いながら、

残り半周、必死に走りました。

昔はこれでも選手リレーの常連だった私だけど、

年には勝てん。練習不足にも勝てん。

転ばなかったのがエライって感じ?

はぁ~。

三角コーナー用のゴミとりネットをもらいました\(^o^)/

あ、これ書いてるのは月曜日。

筋肉痛は出てないよ(え?明日が危険?)

お天気がよかったのと

今日は仕事もなく、少しのんびり。

久しぶりにジムでも行って運動しようかなあ

と思ったけど、お天気もいいし、

(少し風は冷たかったけど)

久しぶりぶりに、保育園まで息子を自転車で

送ろうと思った。それもひとつの運動だしね。

息子は大喜び。いつになくサッサとお着替えも

済ませてくれた。

自転車の後ろに乗せておばちゃん自転車が出発!

「お母さん号、発進!」

いつもは車の中で話すことも自転車で風をきって

走りながら話すとまた気持ちがいい。

無事、保育園についた。

それから次の目的地は20分かけて、かかりつけの

お医者さん。

今の仕事を始めて慣れない靴を履くせいか、

はたまた、安物の靴を履くせいか、

でっかい「魚の目」が足に住み着いて

離れない。

痛くて困るので、定期的に削ってもらっている。

「おお。今回は4ヶ月、もったか」

と先生はいつもの笑顔。

「またおいで」

いやあ、本とは来たくないんですけど・・・

家について、まだ10時半。

こんないいお天気、家に入ってしまうのはもったいない。

そこから、25分かけて町のショッピングセンターへ。

うちのばあちゃんは車に乗れないから自転車でどこでも

出かけてる。なのに私はついつい自動車で。

自転車だと普段入り込まない路地に入れるので、

意外な発見があって、かなり楽しい。

結局、午前中、自転車で町探検をした。

雪がふるまでにこんな日がまたあればいいな。

フラッと自転車でまたでかけたい。

もっとかっこいい自転車であればいいのだけど、

子供が小さいうちは、後ろに補助席のついた

おばちゃん自転車を乗り回すんだ。

銚子滝

丹生川町の滝です。

雪虫も発見。

雪の気配はまだなのにね。
051016_1639001.jpg
051016_1455001.jpg051016_1458001.jpg

今夜の晩ご飯

古川のきつね火祭りバザーでコロッケ買いました。10センチくらいあるかな。旅行番組で芸能人が食べてたなあ。051015_1929001.jpg

虫を飼う

私は大の虫嫌い。

子供の頃、廊下に小さな蛾がいると、恐くて恐くて

そこから動けなくて、母に助けを求めました。

「こんな山に住んどるのに、虫が嫌いだなんて」と

笑われたもんです。

(もしかしたら、私は都会で生まれてここへ連れて

こられた?)なんてマジに考えたこともあります。

それは全くの誤解でしたが。

そんな私も母になり、少しは成長しました。

小さな蛾は本でやっつけることもできるようになり、

虫が飛んでくる気配があると、反射的に手で

たたき落とそうとするようになりました。

(ハチだったりすると恐いので要注意です)

うちの男の子3人も「これ飼う」と親の都合も考えず、

虫を持って帰ってくることがあり、そのたび

図鑑を調べたりして悪戦苦闘しました。

小1の次男は授業で「生き物と仲良くなろう」

というのがあって、教室にバッタ、こおろぎ、かまきり、

カブト虫、ダンゴ虫、かえるetc

いろんな生き物が飼ってありました。

お世話をする担任の先生、すごいなあ・・・と関心

しました。

こんなサイトを見つけました。

「教室生き物ワールド」

全国の生き物係と、「教室に生き物を持ち込まれてとほほ」

な担任の先生を応援するHPです!

先生もやっぱり「とほほ」な面もあるんだよなって

思ったら、なぜかうれしくなりました。

なーんだ、私と一緒なんだって。

3泊4日

5年生になると、3泊4日の乗鞍研修にでかける。

今年は11日~14日までの日程で行われた。

自然観察、星空観察、登山、

サバイバルランチ(自分たちでご飯を作って食べる)etc

どきどき、わくわくの研修なのだ。

私も「一人でもいないと楽だわ~」なんて言いながらも

夜になると、予定表を見ながら、

「今、ご飯の時間だな・・・、もう寝たかな?」

とついつい気にしていたりして。

2日過ぎて、子供から手紙が来た。

「毎日、大変だよ」から始まり、

「お母さんたちの顔を見たら泣いちゃうかも」

と書いてあった。

今日、帰ってきたから学校へ迎えにいった。

元気に帰ってきてよかった。

私の顔を見たとたん、泣き出した。

「寂しかったよー。3日が限界だよー。」

思わずもらい泣きしちゃったじゃないか。

「今日はお母さんとずっと一緒にいたい」

かわいいこと言ってくれるじゃないの。

・・・でも、子供がいなくて寂しかったという感情の

余韻は今はすっかりなくなって、いつもの状態。

「ああ、一人でもいないと静かなのになあ」

生協の白石さんって。

私、生協(COOP)のサポーターやってます。

(って別に関係ないけど)

先週配達に行ったら、友達に

「『生協の白石さん』って知ってる?今、ブームなんやって」

って教えてもらいました。

なんでも、生協職員の白石さんがお客さんのいろんな

要望にマジメに返事をくださるそうで、

それが受けているらしいです。

早速、検索してみると、出てくる出てくる、

白石さんを題材にしたサイトが。

やっぱり、すごい注目のひとなんですね。本にもなったみたいです。

マジメが一番ってことかな?私も見習おう。

がんばれ、生協の白石さん

ぞぞぞ~

7日の金曜日、飲み会があった。

一見フツーの家なんだけど、中に入るととっても

オシャレで素敵なお店。魚料理が多いかな?

とってもおいしくて楽しくて大満足。

お店の名前は「棗」読める?

問題はその帰り。

もうすぐ12時を回る時間に、女4人での帰り道。

路地を入ったところのある家の窓には格子や柵が。

暗かったからそれは別に気にならない感じだったけど、

「ここ、見てみ」

案内してくれた子の指差すほうには・・・

石の灯篭がたっていて、その横には、

剣道の防具をつけて竹刀をこちらに向けてじっと立つ

人の姿が・・・ひぇ~\(@o@)/!

人形だったけど、暗闇であれはキョーフですよ。

暗闇でなくてもブキミですよ。

友達もたまたま薄暗い時に自転車で通りかかって

めちゃビックリしたらしい。

写真がないのが残念だけど、下手に撮ってて家の

人に会うのもいやだし。かんべんしてね。

かっこいいいわあ。

ムスコがお持ち帰りしたカマキリちゃんにご飯をあげました。

(というか、見てました)

最初、ミルワームをムシカゴに入れたけど、

カマキリはまったく反応せず。

それで、成虫になったゴミムシちゃんを入れてやったら、

「キッ」とした目つきに変わり、

(そのように見えたのよ、もともとカマキリって顔が三角で

目が「キッ」って感じかしら?)

ちょこまか動くゴミムシに視線を合わせ、

上半身だけ、ゴミムシのほうに向けたと思った瞬間、

ゴミムシちゃんはつかまって、ご飯にされていたのでした。

その一連の動作を始めて(多分)見た私は、

「かっこいいー・・・」としばし、見とれてしまったのでした。

久々の感動かも。。。

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入りブログ


無料ブログはココログ