写真館

  • 飛騨高山手筒花火 総勢35名でいっせいに
    私が気ままに撮った写真です。 カテゴリーも、更新も気ままですが、 見てくださいね。

最近のトラックバック

« 2005年11月 | トップページ | 2006年2月 »

かさかさ

少し前から、かかとが痛いなあって思っていたけど、

我慢できない痛みでもないから、ほっておいた。

昨日靴下をぬいだとき、ふとみたら、

かかとが真っ白、かさかさ。

「ありゃー、ひどいな、クリームでも塗っておこう」

とクリーム塗り塗りしながら、よく見たら、

かかとがパッカリ切れてたの。

いわゆるアカギレ状態。

とこかで、切った覚えもないから、

カサカサすぎてぱっくり口を開けちゃったってことかしら?

今まで、そんな経験がないからびっくりしたよ。

手の指はよくアカギレになるけど、まさかかかとがねえ。

せっせとオリーブオイルを塗りこんで、

お手入れしてます。

ああ、水分が足りなくなってきたのかしら?

今日の空元気。

昨日の夕方、子供を向かえに塾へ行った。

エンジン掛けっぱなしで待つのは近所迷惑だし・・・と思って

いつもエンジンを切って待っている。

寒いからヒーターつけて快適に音楽聴いて・・・(バカ)

今回はこれが裏目に出た。

15分ほどして子供がでてきたので、

「さー帰るよー!」と元気にキーをひねったら、

あらら?私とは正反対に元気のないセルの音。

「しまった!(ヒヤアセタラり(~_~;))」

バッテリーが上がってしまってたのさ。

ケーブルも持っていないし、先生に助けてもらおうと

お願いしたら、「私も車のことよくわからないのよー」

家にいるじいちゃんに電話してみたら、

「ケーブルがない」

旦那の仕事場に電話して、きてもらうことになった。

外はとっても寒いので先生のお宅でしばらく待たせてもらう。

「この間に懇談やってしまいましょう」

いつもは他の日を決めて行う、塾の懇談だけど、

待ってるついでにやってもらえて私もラッキー。

20分くらいして旦那が助けにきてくれたが、

私の車のバッテリー、助手席の下なんだ。

向かいあわせじゃ、ケーブルが届かない。ありゃりゃー。

「坂道か・・・」とつぶやいた旦那がいきなり、

「車、押せるか?」という。

よくわからないまま、子供と3人で車を押すことに。

なかなか動かないもんだね、車って。

真っ暗の雪ふる中、女、子供が車を押す。

どーよ、これって。

坂道を車が動き出した。待って待って~。

慌てて追いかける私たち。

「あーあ、お父さん行っちゃった・・・」

と振り向けば、一回りした車がもとの位置に。

「昔はこうやって押しがけしたんやぞ」

おお、そうなんだ、すばらしいわ。となにも知らない女、子供は

尊敬の眼差しさ。

なんとか家にたどり着いたものの、朝起きたら

エンジンかからず。

寿命だな。仕方ないから、バッテリー交換してもらったよ。

車の動く幸せをひしひしと感じながら、想定外の

出費にちくちくと痛みも感じている今日の私。

元気だそー!

相性

またやっちゃったよ(^_^;)

旦那の目薬、作業着のポケットに入れたままセンタク。

「フタしたままだし、このまま使って!」

とお願いしたいけど、よくないらしい。

何日か前に買って、開封して何回か使っただけの

目薬。あえなく没(T_T)

何回目?この失敗。目薬と相性悪いわ。

夫婦茶碗&湯のみ。

結婚する時、当時勤めていた会社の同僚から、

お祝いにお揃いの茶碗&湯のみをいただいた。

自転車通勤してた私は、自転車の前カゴにいれて

そーっと運転して帰った。

がっ!

家で開けてみたら、私の分がまっぷたつ(ーー;)

それからだ。旦那とお揃いができなくなったのは。

買ってきて1回使って必ず、割れるんだ。

どちらかが。

洗うのは私だから、原因は私だけど、

落として割れることもあれば、洗剤付けてあらってる最中に

パカッってまっぷたつってこともある。

今のとこ、どちらが割れるかの確率は半々。

ためしに娘とお揃いで買ってみた湯のみ。

3ヶ月以上無事。

旦那と私の相性が悪いってこと?

それとも?

たまごっち、その後

調子悪のたまごっち、3日位したらメーカーから新しいものが送られてきました。

お詫びのハンカチも入って。

調子が悪いものは送り返すようになっていたので、宅配のおにーさんに

持っていってもらいました。

それから新しいたまごっちは無事に友達も増え、順調に育っているようです。

ここらで反省m(__)m

最近、仕事や用事が重なって、家でじっくり何かをするということが

出来ないでいます。忙しいということはいいことだけど、「心を亡くす」と

書くように、自分だけが大変な気がして(ま、確かにそうなんだけど)

家族にもなにかしら負担をかけていることに気が付かずにいました。

朝、「おかーさん早く行かなくちゃならないから、さっさと準備してよー」

と保育園の息子をせかしてしまったり、時間通りに学校から帰ってこない

小学生の子供たちに八つ当たりしたり・・・

旦那にもかなり我慢してもらってるかも。

私だって、少しでもお金がほしくてがんばっているけれど、

「心を亡くしちゃ、いけないな。家族を大切にしなくちゃ」

とちょっと思いました。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年2月 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入りブログ


無料ブログはココログ